篠田総合病院は、人間ドックや脳ドックを始め、今注目を集めるメタボ健診など、充実した健康診断に対応しております。また多くの関連施設により最適なアドバイスをさせて頂きます。医療相談を山形でお求めなら、篠田総合病院が貴方をサポートします。

100周年カウントダウン

※画像を押すと拡大します。

更新履歴

2018.10.02

採用情報を更新しました。

2018.09.29

10月の外来診療体制を更新しました。

2018.10.02

採用情報を更新しました。

2018.09.29

10月の外来診療体制を更新しました。

当院は日本医療機能評価機構Ver6認定病院です。

回復リハビリテーションについて

脳血管疾患または大腿部頸部骨折、脊髄損傷などの患者様に対して、 ADL(毎日の生活を送るための様々な動作)脳力の向上による寝たきり防止と 家庭復帰を目的としてリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、 作業療法士、言語聴覚士等が共同で作成し、 これに基づいてリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

※Aさん73歳 男性 脳出血後後遺症(運動麻痺と失語症)

医師(ドクター) 回診や治療目標を立てます
理学療法士(PT) 起き上がりや歩行などの移動操作の練習を行います。
作業療法士(OT) 食事・着替え・入浴・トイレなどの日常生活動作の練習を行います。
言語聴覚士(ST) 言語や食事の飲み込みの練習を行います。
看護師(ナース) 健康状態のチェックや日常生活動作のお手伝いを致します。
介護員(ケアワーカー) 生活動作の練習や身のまわりのことのお手伝いを致します。
相談員(ソーシャルワーカー) 入院中の様々な心配事のご相談に応じます。

・脳血管障害
・大腿骨頸部骨折などの手術後
・廃用症候群・運動器不安定症

入院先の主治医・看護師長またはスタッフへお申し出ください。

ホームページ制作 仙台 ホームページ制作 東京